-敦賀市サッカー協会施設利用調整要領-
(目的)
第1条  この要領は、敦賀市サッカー協会(以下「協会」という)が調達する公共施設等の
(以下「施設等」という)利用に関する手続きなどを定めることを目的とする。  
(定義)
第2条  施設等とは、敦賀市等が管理する公共的なグラウンドや体育館等のことをいう。
(加盟団体の権利)
第3条  協会に加盟登録した団体は、この要領に基づき、施設等を利用する権利を有する。
(計画の提出)
第4条  各委員長および加盟登録団体責任者(以下「施設等利用者」という)は、次年度の施設等利用計画
を決定し、各委員長を通じて毎年12月度の理事会までに総務委員会へ計画書を提出する。
(施設等の利用調整〉
第5条  総務委員長は、各委員長から提出された次年度の施設利用計画内容を確認し、毎年1月度理事会
までに敦賀市が主催する施設等調整会議への提出資料(案)を作成する。案については、理事会の決議に
より、敦賀市が主催する施設等調整会議への提出資料を決定する。
(年度計画の周知)
第6条  総務委員長は、敦賀市が主催する施設等調整会議の結果を反映した施設等利用年度計画を策定
し、毎年3月度の理事会で承認を得た後、協会役員を通じて全加盟登録団体へ周知(メールで連絡)する。
(施設等利用手続き)
第7条 割当が決定した施設等利用者は、敦賀市等の利用規則に従い、手続きを行う。
(手続きの不備)
第8条  施設等利用者が、利用規則に反して手続きを怠った場合や、施設等の利用時に守るべき事項を
遵守しなかった場合は、理事会の決議にて一時的に利用を停止する場合がある。
(利用の取り消し)
第9条 割当された施設等を使用しなくなった場合、施設等利用者は、速やかに各委員長を通じて、
協会役員および全加盟登録団体へ周知(メールで連絡)する。
(利用の追加)
第10条 施設利用者から利用の取り消し連絡があった施設等は、予め総務委員長へ連絡した上で、施設等
利用の追加を行うことができる。追加の割当が決定した施設利用者は、第7条に定める手続きを行うとともに
速やかに各委員長を通じて協会役員および全加盟登録団体へ周知(メールで連絡)する。
(その他)
第11条
1、その他の事項については、敦賀市サッカー協会規約による。
2、この要領に定めていない事項又は疑義、紛争が生じた時は、協会(理事会)で処理する。
3、この要領の変更は、理事会にて行う。
附則
この要領は、平成20年10月1日から施行する。
TOPへ