第22回 敦賀市フットサルフェスティバル
「一般男子の部」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2019年2月17日(日)
敦賀市立体育館 
 
主 催  敦賀市サッカー協会
共 催  福井新聞社
後 援  嶺南ケーブルネットワーク(株)

【大会役員】

・大会会長     神谷 敬一郎

・大会副会長    鳥居 昭 、 市村 敏明

・大会委員長    市村 孝一

・大会副委員長   中嶌 良昭 、 千葉 雅司

・大会委員      林 恵 、 鍋谷 英利 、 中村 健治 、 縄手 博和 、 田畑 勝紀

 

【競技役員】

 ・競技委員長    市村 孝一

  ・競技委員      田中 佑弥 、 寺谷 剛 、 坂本 渉 、 今井 俊宏 、 松田 冬樹、

林 浩史 、 萩谷 拓悠 、 灰谷 雄一 、 森本 大史

  ・事務局        市村 孝一(問い合わせ先:090-7493-6667

 

 
 

【大会規定】

1.趣旨

    敦賀市のスポーツ振興を図るとともに、フットサルチーム・選手間の交流を深めることを目的とする。

2.参加資格

男性で構成されたチーム。(中が鵜、高校生の出場は不可)

チーム統一のユニフォーム(シャツ・パンツ・ソックス)を準備、着用すること。

参加チーム数は、最大14チームとし、申込み先着順に決定する。

 

3.チーム登録

選手登録は、7名以上とする。

また、下記、組み合わせ抽選会以降の選手追加登録は認めない。

4.参加費

1チーム:6,000円。

組み合わせ抽選会当日に支払うこと。

 

5.参加申込み

    「敦賀市サッカー協会HP」にアクセス、参加申込書をダウンロートのうえ、必要事項を記載し、

下記PCアドレス先にメールで申し込みをして下さい。

必ずメール件名に「敦賀市FSエントリー表(一般男子)」と記入下さい。

事務局より受付完了の返信メールをします。

申込み先PCアドレス「 serie11-11@jb4.so-net.ne.jp 」

申し込み期間:20181223日(日)〜2019125日(金)21時必着

 

6.組み合わせ抽選会

201923日(日)1400分より、「あいあいプラザ」(敦賀市東洋町4-1)にて
実施する。(受付時間:1330分~1400分)

抽選会に出席のなかったチームは出場資格を失う。

また、抽選会の受付に遅刻したチームは大会当日の準備等に協力すること。

抽選会参加者は、抽選会での周知事項を確実に当該チーム選手、応援者に周知すること。

7.その他

    代表者ならびに選手の二重登録は一切認めない。

    審判は2名帯同制とする。審判割り当てチームは、得点盤も担当すること。

各チームの帯同審判員は、ホイッスル、イエロー・レッドカードを持参すること。

帯同審判員は審判を行うにあたり、大会本部が準備した黒ビブスを着用すること。

    試合を棄権する場合は事前に事務局に連絡のこと。ただし審判は必ず派遣すること。

    選手が負傷した場合、チームの責任で対応すること。

    シューズは、室内用とするが、靴底が黒及び濃灰色のものは使用禁止とする。

    チーム統一のユニフォーム(シャツ・パンツ・ソックス)及びレガースを着用すること。
但し、GKは他競技者と違った色のシャツを着用すること。
また、GK以外の競技者は、ジャージ(長ズボン)の着用は認めない。
ネックウォーマーや帽子の装着は認めない。 

 
 

【大会日程】

1.開催日 :2019217日(日)

2.当日受付:830分~9時00

3.表彰式 : 決勝戦終了次第

 

【競技方法】

1.予選リーグ

    参加チームを2ブロックに分け、各ブロック総当たりによる予選リーグを行う。

    リーグ戦の順位は、勝ち点(勝ち/3点、分け/1点、負け/0点)により決定するが、

同一ブロック内で勝ち点が同じとなった場合は、得失点差、総得点、直接対決結果、

PK(1人目からVゴール方式)の順で決定する。

2.決勝トーナメント

    各ブロックのうち成績1位、2位の4チームによる決勝トーナメントを行う。

② 勝敗が決しない場合は、1人目からのVゴール方式によるPK戦を行う。

3.下位トーナメント

① 予選リーグ3位以下のチームによる下位トーナメントを行う。

② 勝敗が決しない場合は、1人目からのVゴール方式によるPK戦を行う。

 

【競技規則】

 2018/2019フットサル競技規則に準ずる。

 但し、一部特別規則を設ける。

1.競技者の数

    1チーム5人で、1人はGKとする。

    競技開始時、1チーム5人いなければならない。

    退場等により1チーム3人未満となった場合、競技は放棄される。

    試合中の選手交代は交代ゾーン自由に交代できる。

但し、GK交代はアウトオブプレー時とする。また、プレー中の選手がピッチを完全に出てから
交代選手が入ること。

2.      試合時間

    前後半なしの12分間とする。(下位トーナメントは10分間とする)

    試合開始及び終了の合図は、本部から発信するブザーとする。

    ボールがアウトオブプレーになっても時計は止めない。

但し、事故等により試合が中断した場合は、本部の判断により時計を停止する。

    タイムアウトは適用しない。

3.      反則

    相手競技者へのスライディングタックルは禁止とする。

但し、自陣のペナルティエリア内で行うGKによるスライディングタックルは、不用意に無謀に、
あるいは過剰な力で行わなければ認められる。

    GKはペナルティエリアを出てプレーできるが、自陣ハーフエリア内では4秒を超えてボールを
コントロールすることはできない。

4秒を超えてボールをコントロールした場合、相手チームの間接フリーキックとなる。

ここでいう4秒は、GKがボールに触れた時からカウントする。

但し、その地点がペナルティエリア内である場合は、その地点から最も近いペナルティエリアライン上
からの間接フリーキックとなる。

    GKは味方競技者からのパスは手で触れてはいけない。

味方競技者からのパスをGKが手で触れた場合は、その地点から相手チームの
間接フリーキックとなる。

但し、その地点がペナルティエリア内である場合は、その地点から最も近いペナルティエリアライン上
からの間接フリーキックとなる。

    GKがゴールクリアランスをキックにより行った場合は、その地点から最も近いペナルティエリアライン上
からの相手チームの間接フリーキックとなる。

    GKがキャッチしたボールをキック及びドリブルした場合、ドリブルを開始した地点(ペナルティエリア内
の場合はその地点から最も近いペナルティエリアライン上)から相手チームの間接フリーキックとなる。

但し、シュート等を手で弾いたボールをキックした場合、その行為が故意ではないと審判が判断した
場合は、間接フリーキックの対象外とする。

    競技者が退場を命じられた(1試合でイエローカード2枚,またはレッドカード1枚)チームは、
その試合が終了するまでの間、競技者を補充することはできない。

退場を命じられた選手は、観客席に戻らなければならない。

また、退場した選手は次の1試合も出場できない。

4.      キックイン(サッカーのスローインに代わるもの)

    立ち足は、ライン上またはラインの外におくこと。

    相手競技者は、ボールより3m以上離れなければならない。

    キックインは、4秒以内に行わなければならない。4秒を超えた場合は、その地点から相手チーム
のキックインとなる。ここでいう4秒は、キッカーがボールを持ってキックインする位置に移動した
ときからカウントする。

    キックインしたボールがピッチ内に入らなかった場合、相手チームのキックインとなる。

5.      ゴールクリアランス

    ゴールラインをボールが完全に超えた時、ボールに最後に触れた競技者が攻撃側である場合には
ゴールクリアランス(GKスロー)によりプレーを再開する。

    ゴールクリアランスは自陣ペナルティエリアを越えなければならない。

    ゴールクリアランスは、4秒以内に行わなければならない。

4秒を超えた場合は、その地点から最も近いペナルティエリアライン上から相手チームの
間接フリーキックとする。

ここでいう4秒は、GKがボールを持ってペナルティエリアに入るか、またはボールをキャッチしたとき
からカウントする。

6.      コーナーキック

    相手競技者は、ボールより3m以上離れなければならない。

    コーナーキックは、4秒以内に行わなければならない。

4秒を超えた場合は相手チームにコーナーエリアからの間接フリーキックが与えられる。
ここでいう4秒は、キッカーがボールを持ってコーナーキックを行う位置に移動したときからカウントする。

7.      その他

    オフサイドはない。

    キックオフからの直接ゴールは認めない。

    反則による直接フリーキック及び間接フリーキックは4秒以内に行うこと。

ここでいう4秒は、キッカーがボールを持って直接フリーキック及び間接フリーキックを行う位置に
移動したときからカウントする。

    GKへのバックパスエリアはフリーとする。但し、GKはバックパスを手で扱うことはできない。

    反則の累積は行わない。このため、累積によるペナルティキックも採用しない。

    審判に対する異議申し立ては一切認めない。

    各チーム及び審判は、試合開始5分前までに所定の場所に集合すること。

    ベンチへはチーム代表者ならびに登録選手以外の者は入れない。

    上記⑦⑧を遵守・改善できないチームは大会本部の判断により出場を停止させる。

出場を停止させられたチーム、または棄権したチームは、0-5の負けとする。

 

【表彰】

1.優勝  :     優勝カップ、賞状、トロフィー

2.準優勝:     賞状、トロフィー

3.第3位 :    賞状

4.最優秀選手賞:賞状、盾

 

【その他】

1.所定の駐車場以外の場所に駐車しないこと。周辺住民から苦情が出た場合は、当該駐車車両の
運転手が所属するチーム、関係(応援)するチームについて、以降の全試合を不戦敗とする。

また、状況により大会そのものを中止することもある。(できる限り乗り合いで来てください)

2.会場で発生したごみは、各チームが責任を持って持ち帰ること。

3.体育館入口前にある喫煙場所以外での喫煙は行わないこと。

4.2階観客席以外での飲食は行わないこと。

5.競技エリア以外ではボールを使用しないこと。

6.会場内の器物を破損した場合は、速やかに大会本部に連絡すること。

器物を破損した場合は、金額の如何によらず、当該チームが全額を弁償すること。

7.敦賀市サッカー協会加盟チームは、大会運営に協力すること。

8.決勝トーナメント進出の4チームは、表彰式終了後、会場の片付けに協力すること。

 
 
 
 
TOPへ